オソマツ,二本松な日々

我が家の出来事と備忘録。。。。 お粗末ライフを綴ります。

2010年04月

現実のゴアと思い描くゴア

朝4時にハイアットを出発し、国内線の空港へ
外は、もう蒸し暑いっていうのに空港と飛行機は凍えるように寒かった・・
なんだよっ!この違いは!air india!
(CAの衣装はきれいだったけどね
ゴアに到着して、先払いタクシーでアランボルビーチの手前にある
トレーニングセンターへ90分(飛ばして
1 ()
コレが半端なく怖い・・・交通ルールなんてないっ!
追い越すわ、クラクションなりっぱなしで・・・もう冷や冷や
思い描いていた地とは異なり・・・・・

8
トレーニングセンターの隣はこんな民家
9
とってものどか
観光地?観光客などどこにもいないけど・・・・
えっ??どこかに連れてこられたか!?
いやいや、、、、R氏が行く直前に印刷してくれた
【コアのマッブス】(ゴアのマップと書いたつもり)
に寄れば・・・正しいぞ
(R氏のカタカナレベル・・・・バレバレ・・・

10
町のパン屋さん
1 (7)
ゴミだらけの街・・・
そうだよね、いきなりココだけリゾートなわけないし・・・
ゴアは全てが観光地なわけではなく、もちろん庶民のインド人も住んでいるわけで、ココはゴアの中心地からかなり離れているし、同じゴアでも全然違うわけで・・・・そうだよね・・・ハイアットがインドじゃないよ

12
きっと、みんながレベッカが思い描くゴアは観光地でビーチでのんびり戯れるような感じだろうな
11)
ビーチには、漁師がいたりね

13
確かに、アラビア海での夕日はきれいだし、ちやほやの観光客とインド人がたたずんでいたなぁ~
きっと、ゴアの中心地のビーチならたくさん観光客も痛んだろうけど・・・
私がいたのはゴアでも果ての果て・・・シーズンはずれのゴアである

まずはゴアの紹介から・・・・もっと知りたい方はコチラ
日本人には有名なフランシスコザビエルも眠る地である


出だし・・・

いつもながらにバタバタしてたし、旅行というか修行だったし、
あんまし心浮かれなかった序幕・・・

3月22日夜中2時に男達としばしの別れを告げて
香港経由でムンバイへ
香港の空港は大きくて、いろんな国の人がいて、、、
でも、ムンバイ行きのゲートにはもちろんインド人が一杯で
久々の1人旅で不安になる私。。。(遅いかぁ?

1 (1)
機内食もインド色に・・・機内も一気にインド臭・・・・

1 (2)
はっ!見えてきたインド・・ムンバイ!
映画の『スラムドッグ・ミリオネラ』の地だとか。。。
ボボッボリウッド???
ムンバイの知識はコレだけで・・・
今回は、何の下調べをせずに来てしまった私・・・
コレが、後に後悔することに
1 (3)
はっ!ガンジス??

ムンバイ到着は・・・23日午後7時
時差は-3時間半・・・日本は22時半
修行の地に一番近い空港はゴア
ゴア行きの飛行機は翌日の5時20分
この9時間をどうしようかかなり悩んだのだけども、
ムンバイの市外までは1時間以上だし、夜中の移動は怖いので
空港にいようか・・・ん~

そんな時、ミラクルなことがあって・・・
~出発数日前~
アドレス帳の整理中に、そういやレベッカがインドに行ったことあるって言ってたから、ポストカードでも送ろうと。。。そしたら、彼女の住所が3つもあって・・・確認のためにメールしてみると!!!

レ『えっ!インド!?私、今インド旅行中だから
ポストカード要らないよ!どこ行くの?』

私『へぇっ?旅行!?ムンバイからゴアに行くの

レ『私たちの拠点もムンバイよ!!!会いましょうよ

ってなことで、レベッカに会うことに
しかも、彼女達・・私の着いた日にゴアから戻って来る日で。。。
コレが一日でも違ってたら会えなかった訳で・・・
しかもしかも
1 (5)
この人たち!!!グランドハイアットなんかに泊まってるもんだから!
一気にインド色は吹っ飛んで・・・・
空港からハイアットまでのタクシーは、すっごい交通ルールと
人だかり、どっかに連れて行かれやしないかとびびってたけども。。。
なんとも、私ついてます
1 (4)
ルームサービスで、ピザを頼みリクエストのあった二本松の日本酒
で再会を祝ったのであった
レベッカの妹リサと友達のマイケルも日本酒が気に入ってよかった
しかも、マイケルがiphoneを貸してくれて

私『わっ、iphone!ありがと!』
って、かけ方がよくわからないんだけども・・・

マ『インドの電話代はかなり安いからたくさん話していいよっ!』

夜遅かったけども、起きててくれたR氏に電話できてよかった

・・・・まさかコレがインドで最後の電話になるとは思わずに・・・
インド、やっぱりIT国じゃん!
しかも、レベッカ達曰くゴアはいいとこだって!

ととんでもない誤解をしたまま始まったヨガ修行であった




幸先の良い帰国

無事にインドより帰国
心身共に良好
何もなくならず、得たもの多数
災難といえば・・・・高温高多湿のため?携帯電話が終に・・・壊れた
電池がパンパンに膨れ上がり・・・音信普通に。。。。

4月25日22時
成田空港よりR氏に1ヶ月ぶりに電話
私『ただいまっ

ラ『お帰り~
絶対に二本松帰ったらすぐに電話買った方がいいよっ!
君の携帯電話は問題ありすぎだよっ
(確かに・・・・古いし・・・過去にも問題多々あり・・・・)

私『でも、電池換えたら大丈夫みたいよっ!』

ラ『また。。。そんなこと言って・・・それより何が食べたい?!
今日は僕が買い物しておいたよ!選択は2つだよ

ラ『マルトリ(丸鳥)とステーキを買っておいたよっ!
どっちにする!?肉が恋しいでしょ

・・・・・言えなかった私・・・それってアンタの好きなものじゃ・・・
私はもう、インドを出るときに決めていた・・・
この一ヶ月はベジタリアン&カレー風味の食続きで・・・・魚しか頭に無かったし、R氏も食べるし、そりゃ。。。かっぱ寿司だろうと。。。
(二本松には無いけどね)
全く贅沢じゃない願いと思ってはいたが・・・・

私『ほほほほぉ・・・・どっちでもいいよっ!』

せっかく買い物してくれたR氏を考えると
さささささ魚・・・・・とは言えず・・・

この日は夜も遅く、二本松へは帰れずに東京泊

郡山に着いて父にとりあえず帰国報告
父『おっ!オレ、郡山にいるから迎えに言ってやるよっ!』
なんてラッキーな私
重い荷物を背負って二本松までは気が重かったし!!

父『お腹が空いたから何か食べてくべ~』

ラッキーラッキー!!!もちろん開口一番に!
私『かっぱ寿司!おごる!おごる!いいでしょ?』

普段なら文句を言うであろうが何も言わずに一緒に食べてくれた父

なんてラッキーな私!!!

そして・・・二本松へ着いてみれば・・・
SANY2633 (Custom) (2)
玄関で待っていたのは!!!
お帰りと体に巻きつけて出迎えてくれた愛息ポウ
そして、部屋には・・・
SANY2631 (Custom) (2)
ライアンはまだ仕事から帰っていない様子

興奮冷めやらぬ私とポウはしばしの時間を2人きりで過ごす

SANY2635 (Custom) (2)
ライアンが帰宅後は、近くの公園で!!!
SH3C0059 (Custom)
花見!!間に合ったよ私!
ラッキー!!絶対に間に合わないと思っていたが!!
快晴!満開!何てラッキーなの!!!

SANY2637 (Custom)

夕食は・・・素敵なステーキ・・・でありました
まっ、お昼に念願のかっぱ寿司を終了していたのでなんら問題なく
R氏は嬉しそうだし、めでたしな終わりであった

携帯電話は、、、型が古すぎて電池の在庫が無く、お取り寄せ
5月1日より使える予定である。。。

本日は、、、
溜まった洗濯物、溜まったメール、溜まった郵便物を処理しようっと

インド報告は次回より・・・・



 
プロフィール
記事検索

人気ブログランキングへ
最新コメント
flags
free counters
tepco
freerice
Help end world hunger
ホスピタリティクリック

ホスピタリティクリック募金

  • ライブドアブログ